読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョンネロの海外エンタメ科学室

洋画や洋楽など海外エンタメを科学!ディズニーチャンネルやNetflixに関する情報も追っていきますよ!

【感想】ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅を科学する【ネタバレあり】

ハリーポッター 映画情報

どうも、ジョンネロです!!

 

11月23日は勤労感謝の日!

日頃から働いている人に感謝の気持ちを持とうという休日ですね。

 

そんな休日が出勤日だった僕は社畜として会社に貢献してきましたよっと。(爆)

 

それはさて置き、2016年の勤労感謝の日は日本中のハリポタファンにとって特別な1日だったはずなのです。

 

なぜなら・・・

ハリーポッターシリーズの最新作である「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の公開日だったからですよ!!!

 

www.instagram.com

 

今日は僕も昼間っからまっっっっっったく仕事が手につきませんでしたよ!

それだけこの映画には期待していたんです!!

 

そして業務終わりの21時からのレイトショーで公開初日にチェケラしてきたんです。

 

そして思わずツイッターでつぶやきましたよ!!

 

うん、チケットには「ファンタスティック」しか書いてないのでイマイチこの映画を観に行く感が足りないツイートですね。(白目)

 

果たして僕はこの映画でテンションびゅーんひょい!となったのでしょうか!?

 

そんなわけで今回は、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の感想をネタバレありでお届けします!!

 

 

全体を通しての感想

www.instagram.com

 

それではまず、映画全体を通しての感想を述べていきます。

(ネタバレ満載なので鑑賞前の方は気をつけてくださいね)

 

とにかく、満足できる作品でした。

ただ、この作品は「ハリーポッターだけどハリーポッターじゃない」という印象も強く持ちましたね。

 

従来のポッターマニアたちが皆満足できる作品だったかというと怪しいかもしれません。

 

この作品がハリーポッターシリーズと謳ってしまっている以上、ハリーポッターを期待して劇場にやってくる人がいるのは致し方ないことだと思います。

 

でも、「ハリーポッターとなんか違うからイヤだ」という前に少しだけ作品の見方を変えてみてください。

 

見方を変えるとこの作品は、従来のハリーポッターシリーズでは見ることができなかった魔法界の姿が本当にたくさん描かれているではありませんか!!!

 

この見方ができるかどうかで、従来のポッターマニアたちの評価は変わってくるのかもしれませんね。

 

僕はまさにこのような見方で作品を鑑賞できたので、ものすごく楽しめちゃいました。

 

これまでのハリーを主人公にしたハリポタシリーズには、今回の主人公であるニュートたちのような年齢の魔法使いの生活の様子を描いたシーンってあまりなかったような気がします。

 

なのでティナとクイニーが料理をするシーンなんかはものすごくテンションレビオーサしちゃいました。

 

それに、今回の見所でもある魔法動物たちの魅力も今作での新たな発見となりました。

 

肝心のストーリーはというと、中盤で少し中だるみするような印象も残りましたが、全体を振り返ってみるとものすごく面白かったなと感じます。

 

物語の終盤になるにつれてものすごく引き込まれていきました。

 

www.instagram.com

コリン・ファレル演じるグレイヴスと対峙し始めるあたりから映像の迫力もストーリーの面白さもグッと増していきましたよね。

 

そしてクリーデンスの正体が明らかになるところなんかもスゴく面白かったです・・・!

 

ちなみにクリーデンスを演じていたのはエズラ・ミラーという僕のお気に入りの役者さん。

 

普段はとっても素敵な笑顔を振りまいてくれる超イケメンなので今回のクリーデンスとのギャップに注意です(笑)

 

www.instagram.com

あらやだいい男♡(うほっ)

 

www.instagram.com

個人的には長髪のエズラ君が好きですね。

 

www.instagram.com

ニュート役のエディとも仲よさそうですね。

 

そんなわけで今作の悪役(?)とも言うべき二人が良い味出してたんだと思います。

 

最後はクリーデンスの煙みたいなやつがチョロチョロっと動いているような描写もありましたが、クリーデンスは生きているんでしょうか?

 

そしてグレイヴスは最後にグリンデルバルドだったということが明らかになりましたが、あのド金髪の人がジョニー・デップだったって気づきましたか?

僕は全く気付かなかったのですが、言われてみればジョニーだった気も・・・(笑)

 

 

魅力的なキャラクターたち

www.instagram.com

もう本当に新たなキャラクターたちが魅力的すぎてやばかったです。

 

みんなそれぞれに魅力的で、ハリー、ロン、ハーマイオニーを好きになっちゃうような感覚に似てましたね。

きっとハリーシリーズの原作者であり、今回脚本を担当しているJKローリングは本当に素敵なキャラクターを生み出すのが上手な人です・・・!

 

www.instagram.com

主人公のニュートは可愛いですよね(笑)

それでも彼の大好きな魔法動物と接している時はスゴく魅力的だし、魔法を使っている姿はめちゃくちゃカッコよかったです。

 

ニュート演じたのはアカデミー賞俳優でもあるエディ・レッドメイン。

今作で僕はますますエディが好きになっちゃいましたよ・・・。(アッー!)

 

 

www.instagram.com

そんなニュートのロマンスの相手となるのがティナですね。

ちょっと彼女の堅苦しい雰囲気があまり好きじゃないかなあ・・・なんて思っていたんですが、終盤にかけて株を爆上げしてきました。

 

魔法を使ってグレイヴスと戦う場面はめちゃくちゃカッコよかったですし、最後にニュートを見送るシーンの可愛さにヤラレてしまいましたよ!!!!

 

www.instagram.com

これは反則ですよ・・・!!

とにかくニュートともお似合いで良い感じでしたね。

 

www.instagram.com

そしてそして、今作の中で僕の推しメンとなったのはもちろんクイニーです。

なんか美しいし可愛いしとにかく魅力の塊みたいなキャラでした。

 

クイニーを演じているのはアリソン・スドル。

ミュージシャンとしても活躍するようなアーティステックな女優さんで、本当に素敵な人です。

 

www.instagram.com

www.john-nero.com

 

クイニーの少し不思議な雰囲気はルーナに似てるなあ・・・なんて思いながら僕は映画を見ていました。

 

そんなクイニーとロマンスがあったのはこの人ですね。

www.instagram.com

ノーマジのジェイコブ。

なんかもう今回の映画見たらみんなジェイコブのこと好きになりますよね(笑)

 

とにかく良い奴でした(笑)

なんか面白いし憎めないし・・・

それに最後はジェイコブの笑顔で映画が終わるという・・・(笑)

 

www.instagram.com

記憶がなくなってしまうシーンは少し切なかったですが、ニュートがパン屋さんを開けるようにアシストしてたのがなんかホッコリしました。

それにラストでクイニーがお店に来るシーンもスゴく好きでした。次回作でもぜひ出てきてほしいキャラクターです。

 

 

まとめ

さあ、そんなわけで今回は「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の感想を書いていきましたがいかがだったでしょうか?

 

映画を鑑賞した方なら思わず共感してしまうような記事になっていたら嬉しいですね。

 

ちなみにこのニュートを主人公にしたファンタビですが、全5部作になるというので驚きです。

 

最初は3部作という話だったのですが、いつの間にやら5部作に変更になっていました。

 

5作も作って大丈夫なのか・・・?

なんてこの映画を観る前は思ってたりもしたんですが、この作品を見て確信しました。

きっと、ファンタビはハリポタのように多くの人に愛されるシリーズになると!!!

 

リタというニュートが写真を飾っていた女性は一体どんな人なの?

ニュートとティナ、ジェイコブとクイニーのロマンスは・・・?

クリーデンスは生きてるの?

グリンデルバルドの逆襲はあるの?

 

などなど次作に気になる部分が色々と出てきましたよね・・・!!

もう待ちきれないっすよ!!(噂によると続編の公開は2018年)

 

そしてやっぱり最後に言わせてほしい!!

ハリポタシリーズ大好きだ・・・。(感涙)

 

まだまだ書き足りませんが、明日も仕事なので本日の科学はここまで!笑

次回をお楽しみに!ジョンネロでした!