読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョンネロの海外エンタメ科学室

洋画や洋楽など海外エンタメを科学!ディズニーチャンネルやNetflixに関する情報も追っていきますよ!

【感想】「ベビーシッター・アドベンチャー」を科学する【ネタバレあり】

ディズニーチャンネル

どうも、ジョンネロです!

 

更新がかな〜り遅くなってしまいすいません!

 

少し仕事で忙しくしていましてブログの更新が困難な状況にありました・・・

 

少し更新頻度は落ちてしまうかもしれませんが、今後もしっかりと記事を書いていけるよう頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします!

 

さて、そんな久々の更新である今回はディズニーチャンネルオリジナルムービーの記念すべき第100作目となる記念すべき作品、「ベビーシッター・アドベンチャー」を科学していきたいと思います。

 

www.youtube.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

この作品には僕のお気に入りのディズニーチャンネルのスターが二人も出演しているんです。

 

その二人とは・・・

サブリナ・カーペンターソフィア・カーソンです!!

www.instagram.com

 

サブリナとソフィアに関する詳しい情報はこちらをチェック!

www.john-nero.com

 

www.john-nero.com

 

サブリナはガール・ミーツ・ワールドのマヤ役で、ソフィアはディセンダントのイヴィ役で知られる女優さんですね。

 

また、二人は歌手としても活動していることでも知られています。

 

Sabrina Carpenter / On Purpose

www.youtube.com

 

Sofia Carson / Love Is The Name

www.youtube.com

 

そんな二人が主演を務めるということもあり、彼女たちが本作の主題歌を担当していました。

 

Wildside / Sabrina Carpenter and Sofia Carson from "Adventures in Babysitting"

www.youtube.com

 

記念すべき100作目で、サブリナとソフィアが主演ということもあり、かなり放送前から注目度が高かった作品だったのですが、その評価は一体どんなものだったのでしょうか・・・?

 

というわけで、「ベビーシッター・アドベンチャー」を視聴した感想を書いていきたいと思います!!

 

 

感想(ネタバレあり)

僕としてもめちゃくちゃ期待値が高かったこの「ベビー・シッターアドベンチャー」だったんですが、正直なことを申しますと評価はそんなに高くないかもしれません・・・。

 

多分、期待しすぎたのかもしれません・・・。

 

この作品に対する僕の評価が高くはない理由として、以下の3点を挙げたいと思います。

 

・サブリナが真面目な役で期待はずれだった

・ドタバタの連続でストーリーは薄い

・敵がショボい(タイニーとスキャルパー)

 

それではそれぞれの点について説明していきます。

 

まずはサブリナが真面目な役で期待はずれだったという点についてですが、これは僕の身勝手な感想かもしれません。

 

僕はサブリナに対して「少し悪っぽくて独特の世界を持っている女の子」という印象を抱いてます。

 

そんな僕が抱くサブリナとは正反対とも言える、「真面目で自分のカラを破ることのできない女の子」を演じていました。

 

ある意味ではサブリナが普段の自分とは違う女の子を熱演したとも言えるのですが、僕としては悪っぽい女の子のサブリナが見たかったです。(ソフィアとサブリナの配役を逆にしたバージョンが見たかったなあ)

 

ただ、普段とは違う真面目な雰囲気のファッションに身を包んだサブリナを見れたというのはファンとしては嬉しかったですね。

 

英語音声を聞いてみても、普段のサブリナとはかなり雰囲気の違う話し方をしていたのも印象的でした。

 

 

それでは次に、ドタバタの連続でストーリーが薄いという点です。

 

これを言ってしまうと元も子もないような気もしますが、どうしても気になったので・・・。

 

ディズニーチャンネルオリジナルムービーはどの作品も子供の視聴にも問題がないよう、かなりシンプルなストーリーであることが多いです。

 

ですが、そのシンプルさの中にしっかりとしたメッセージが込められていたり、思わず感動してしまうような場面があったりするものです。

 

そういった展開を期待していたのですが、本作のストーリーは終始ドタバタ一辺倒だったような気がします。

 

そこを楽しめるかどうかで評価はガラッと変わってくるかもしれませんね。

 

僕はこのドタバタをいまいち楽しめなかったのですが、おそらくその理由は3点目として書いた「敵がショボい」という部分に大きく起因しています。

 

サブリナとソフィアが演じるジェニーとローラは、ストーリーの途中でタイニーとスキャルパーという本作の悪役キャラから逃げるような形になりました。

 

ただ、そのタイニーとスキャルパーがものすごく中途半端でした・・・。

 

お笑い要素に徹底することもできず、かといって恐怖の悪役になるわけでもなく・・・

 

イメージとしてはホームアローンに登場する悪役って感じだったと思うのですが、そこまでの面白さもなく実に中途半端に思えてなりませんでした。

 

こういった理由から、この作品の評価は僕の中ではあまり高くはなかったです。

 

ただ、そんなにヒドい作品なのかと聞かれると決してそんなことはありません。

(どうしても最近ディセンダントのヒットなんかもあって見る目が厳しくなってしまっているんですよ・・・笑)

 

主演を務めたサブリナとソフィアはどちらも思わず見とれてしまうほど可愛いですし、彼女たちがベビーシッターを任せられる子供たちも皆それぞれに見せ場があって良かったです。

 

それに中盤のグダグダ感を感じさせないほど、最後にはしっかりと感動させてくれるようなラストが待っていました。

 

サブリナ演じるジェニーがソフィア演じるローラと、とびきりの笑顔で一緒に写っていた写真が出てきたシーンはすごくよかったです。「窮屈な箱から飛び出した私」ってシーンですよ!!

 

良い部分もあれば残念な部分もある。

そんな作品だったということです。

 

これまでに見た作品だとローラ・マラノが主演していた「バッド・ヘア・デイ」なんかもこんな感じの印象を持った作品だったなあ・・・。

 

 

まとめ

さあ、そんなわけで今回は「ベビーシッター・アドベンチャー」を視聴した感想を科学してきましたがいかがだったでしょう?

 

少し厳しめの評価をしてしまっています。

この作品が好きだという方には不快なレビューになってしまっているかもしれないですね・・・。ごめんなさい(>_<)!

 

やっぱり100作目とか聞いて僕の中でハードル上げちゃってたような気がします。

 

そういえば今回この作品はDisney Pass TVというアプリを使ってタブレット端末でいち早く視聴していたのですが、このアプリなかなか良いです!

 

注目の作品や新エピソードがいち早く見れますし、オンエア中の番組の視聴もできちゃいます。

 

www.disney.co.jp

 

au限定のサービスかもしれませんが、月額372円(税抜き)でここまでやれちゃうのはかなり良いのではないかと思います。(ディズニーチャンネル内でも宣伝してる「WATCH ディズニーチャンネル」みたいなやつです)

 

最近タブレットでの視聴が可能になったのでiPadユーザーの僕としてはかなり捗ってますよおおお!!

 

話がかなり脱線してしまいましたね・・・

もっと脱線してしまう前に本日の科学はここまでにしてしまいましょう!!笑

 

それでは次回をお楽しみに!

ジョンネロでした!!