読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョンネロの海外エンタメ科学室

洋画や洋楽など海外エンタメを科学!ディズニーチャンネルやNetflixに関する情報も追っていきますよ!

【洋楽】眠りたい、でも眠れない!そんな夜に聞きたい癒しの30曲を科学する【厳選】

洋楽

f:id:johnnero:20160703004611j:plain

 

あなたが眠れない夜、何か僕にできることはありますか?

 

どうも、非常に気持ち悪い書き出しでスタートしてしまいましたがジョンネロです!!笑

 

本日は眠りたい、でも眠れない!そんな時に聞きたい癒しの30曲を科学するというテーマで記事を書いていこうと思うのですが、寝たいのに眠れないってこと意外と多いですよね・・・。

 

僕も夜になると、あんなことやこんなことを考えてしまって全く眠りにつけない夜が度々あります。

 

そんな時、あなたをスムーズに眠りの世界に誘ってくれるような曲があったらどうでしょうか!?

 

今回は僕があなたを気持ち良く眠りの世界へと導く曲を厳選して30曲ほど紹介していきます・・・!

 

さあ、それでは僕と一緒に眠りの世界へとテイク・オフ!!

 

 

 

 曲紹介

☆Asleep / The Smiths

www.youtube.com

さあ、まず一発目は今でも多くのフォロワーを持つイギリスのバンド、ザ・スミスです。タイトルが「Asleep(眠って、眠りについて)」ということで、まさに眠りの一曲となっております。とにかく眠りたい、もう疲れ果てた・・・!なんて方はこの曲を聞けば秒で眠れちゃいますよ!!ザ・スミスは「500日のサマー」や「ウォールフラワー」などの映画でも登場人物のお気に入りのバンドとして名前が登場します。なんとなくオシャレな雰囲気を持つバンドなので、オシャレさんなあなたにオススメです! 

 

☆Safe and Sound / Taylor Swift

www.youtube.com

映画「ハンガーゲーム」に提供されたテイラー・スウィフトによる楽曲です。ハンガーゲームといえば若者が殺し合いをするストーリーということで、こちらの楽曲もどこか悲しい雰囲気がありますね。この曲を聞きながら眠れば、荒廃した世界を救うべく立ち上がった救世主になれる夢が見れるでしょう。手なワケで、北斗の拳が好きなあなたにオススメです。(適当)

 

☆Skinny Love / Birdy

www.youtube.com

若くしてデビューしたバーディーの最初のヒット曲です。イギリス出身の彼女はイギリスの音楽大会で1万人の参加者の中から優勝を掴み取った実力者。この楽曲はアメリカのフォークロックバンド、ボン・イヴェールの楽曲のカバーなんですが、原曲とはかなり雰囲気が異なっています。僕は断然こっちの方が好きですね。なんか、この曲聞いてるとあの頃の悲しい恋愛を思い出すんですよねえ。夢に出てきてくれないかなあ・・・当時好きだったMちゃん・・・(遠い目)

 

 

☆Come Away WIth Me / Norah Jones

www.youtube.com

一時期ものすごく流行ってましたよね、ノラ・ジョーンズ。日本でもドラマの挿入歌として使われていたりものすごく人気だったのを覚えています。この曲はノラの代表曲であり、ファーストアルバムのタイトルにもなっている曲。歌詞はどこまでも私についてきて的なものなのですが、こんな素敵な歌声でそんなこと言われたらもうどこまでもついて行っちゃいますよ!え?それじゃストーカーだって?でもそんなの関係ねえ!でもそんなの関係ねえ!(ネタが絶妙に古くてすいません・・・笑)

 

 

☆Intimacy / The Corrs

www.youtube.com

アイルランドの兄妹バンド、ザ・コアーズのセカンドアルバムからの少しマニアックな一曲です。アコースティックで哀愁漂うサウンドがあなたを心地よい眠りに誘います。コアーズにはアイリッシュフィドル(バイオリン)を演奏するシャロンというメンバーがいるんですが、彼女の演奏する姿が優雅で色っぽくて素敵なんですよねえ・・・。楽器の得意な異性は魅力的に見えるものですが、皆さんはどんな楽器の得意な異性がお好みですか?僕はギターを長年やっているのですが、今の所目に見える効果は表れていません。(迫真) 

 

 

☆Only Time / Enya

www.youtube.com

こちらもアイルランド出身のミュージシャン、エンヤです。まさにヒーリングミュージックという感じなので、エンヤのアルバムを通して聞いてみるのも良いかもしれません。今年から社会人になった僕も、最近では癒しを求めて音楽を聞く機会が増えたように思います・・・。次の大型連休はお盆休み・・・。まだまだ遠いな・・・。そんな連休を待ちわびる僕のようなあなたに送りたい安眠ソングです。(小並感)

 

 

☆Summertime / The Zombies

www.youtube.com

この曲を歌う彼らのバンド名、ゾンビーズっていうんですよ。ゾンビーズってなんやねん、と思わずツッコミたくなってしまうほどダサいバンド名ですが、対照的に曲は大人っぽくて良いんですよ。こちらは女性ジャズボーカルのレジェンド、ビリー・ホリデイが歌ってヒットした楽曲のカバーになりますが、ゾンビーズらしい 哀愁漂うブリティッシュサウンドになっております。

 

 

☆After All / The Cardigans

www.youtube.com

これも少しマニアックな楽曲です。スウェーデン出身のカーディガンズによって歌われるこの曲は、ピアノの弾き語りなんですが、ボーカルのニーナ・パーションのウィスパーヴォーカルが切ないピアノのサウンドにしっとりとマッチしています。僕も幼い頃にピアノを習っていたんですが、全くモノにならずすぐにやめてしまいました。でも思うんですよ、もしもピアノが得意だったらモテたかもしれないと・・・!!僕はこの曲を聞いてピアノが得意になる夢でも見ることにします(涙)

 

 

☆Hallelujah / Jeff Buckley

www.youtube.com

ジェフ・バックリーの有名すぎる一曲ですね。まさに天才という名が相応しい彼ですが、皆さんの周りには「天才」と思えるような人はいましたか?僕が今までに出会った身近な天才といえば、20歳の若さで5ヶ国語を操っていた友人です。彼女は言語のみならず音楽やアートにも才能があるようで何やらせてもちょっと普通の人とは違かったような気がします。ただ、しゃべってみると実に普通な雰囲気なのが何だか不思議でした。まだ学生の彼女が将来どんな大人になるのか、とても楽しみです。

 

 

☆Little Star / Stina Nordenstam

www.youtube.com

まるで子守唄のようなこの曲は、レオナルド・ディカプリオが出演していた映画「ロミオとジュリエット」のサウンドトラックからの一曲です。ロリータ・ウィスパー・ヴォイスと称されるその歌声はまさに唯一無二の存在といえるかと思います。ロミオとジュリエットのような・・・とはいかなくても、大人になったらドラマチックな恋愛が僕を待っているのだと昔は考えたものですが、気がつけば僕も20代半ばになるような年齢になってしまいました。これから何か起こるの?ねえ、起こるの?ねえ、ねえってば!!!!!!(サイコパス風)

 

 

☆Statues / Nina Nesbitt

www.youtube.com

エド・シーランのツアーでサポートアクトを務めたことから一気に知名度を上げたニーナ・ネズビット。1994年生まれで、この記事執筆現在21歳と若い彼女なので今後が期待されるアーティストです。普段はギターを弾きながら歌を歌う、いわゆるギタ女なニーナ。最近は日本でもmiwaや大原櫻子などのギタ女が人気を集めていますよね。このブームを予想したかのようにギターを習得していた僕。さあ、世の女性諸君。僕がいつでも君にギターの手ほどきをしようではないか。(下心←)

 

 

☆Patience / Guns N' Roses

www.youtube.com

ロック系からもセレクトしようと思いこの曲を選びました。「シャナナナナナナナ!ニー↑ズッ!ニー↑ズッ!」の印象が強いガンズ・アンド・ローゼスですが、こちらはアコースティックなバラードになっております。(詳しくは「Welcome To The Jungle」を参照)ガンズといえばヴォーカルのアクセル・ローズがAC/DCのツアーに参加するなど今年になってから話題が多いですね。しかし、かつて細くて美しかったアクセルの姿はそこにはなく、今ではメタボ爆発といった感じで寂しいです・・・。痩せていた頃のあの日を懐かしく思えるような夢を見たい方にオススメです。ちなみに僕は今年受けた健康診断の結果、中性脂肪に注意という悲しい現実を受け入れなければいけないことになりました・・・。

 

 

☆Between The Bars / Elliot Smith

www.youtube.com

哀愁漂うギターサウンドから始まるこの曲は、マット・デイモン主演の映画「グッド・ウィル・ハンティング」からの一曲です。歌っているのはエリオット・スミス。どこか寂しげな彼のヴォーカルは心にしみますなあ・・・。「グッド・ウィル・ハンティング」ではこの曲以外にも何曲かエリオットの楽曲が使用されているのですが、どれも非常に印象的なものでした。音楽が映画やドラマに与える影響が大きいということは皆さんも感じるところだと思いますが、彼の楽曲が「グッド・ウィル・ハンティング」をより良い作品にしてくれたことは間違いありません。あなたの睡眠もエリオットの楽曲でより良いものにしてみてはいかが?

 

 

☆ The Moon Song / Karen O and Spike Jonze

www.youtube.com

映画「her」の中で登場したこの曲はヤー・ヤー・ヤーズのヴォーカル、カレン.Oによって書かれた曲です。「her」という映画は主人公がパソコンのOSに恋をします。実に近未来的なストーリーですよね。少し変な感じもするかもしれませんが、最近ではアニメのキャラクターに恋をしている・・・!なんて人もいる世の中なので、将来的にはありえない話ではないように思います。そんな未来に想いを馳せて眠りについてはいかがでしょうか?

 

 

☆Say Something / A Great Big World, Christina Aguilera

www.youtube.com

これは切ない系ソングですね。以前「選び抜かれた切ない恋の歌」というテーマで記事を書いたのですが、そちらに入れても良かったかもしれません。サビの歌詞は「Say Something, I'm giving up on you.(何か言ってよ、このままじゃダメになってしまいそうだよ。」てな具合なんですが、まさに別れる寸前のカップルの歌という感じですね。恋人とうまくいっていない時、眠れなくなってしまうようなこともあるかもしれません。そんな方には、この曲を聞けば少し気持ちが落ち着くかもしれません。頑張れ、恋する乙女!!←

 

 

☆Angel / Sarah McLachlan

www.youtube.com

この曲は癒されますね〜。この曲を歌うカナダ出身のサラ・マクラクランはグラミー賞を受賞したこともある、まさに大御所ともいえるようなシンガーではないですかね。 癒し系の曲ではあるんですが、実はヘロイン中毒で亡くなったツアーのキーボード奏者の死を歌った曲のようです。確かに歌詞を見ると故人を偲ぶような内容のものになっており、たくさんの想いが込められた曲なのだろうなと考えられます。夜になると、どうしても感傷的な気分になってしまうことが誰にでもあるはず。そんな夜にはこの曲を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

 

☆Latch / Sam Smith

www.youtube.com

サム・スミスがディスクロージャーというバンドとともに発表した楽曲を、サム・スミスがアコースティックバージョンに変えて歌ったのがこの楽曲です。ディスクロージャーとの原曲は、まさに今風なクラブで流れてそうなバージョンでした。しかし、こちらのアコースティックバージョンは ピアノやバイオリンの美しいロマンティックな楽曲に仕上がっています。サムの歌声にはこちらの方が合っている気がしますね。もう美しい曲過ぎて耳が幸せになっちゃいますよ!!眠るときに聞きたい大本命の一曲です。

 

 

☆Dream / Priscilla Ahn 

www.youtube.com

この曲は発売当時からよく聞いていた曲です。日本では第2のノラ・ジョーンズ的な感じに売り出されていたプリシーラ・アン。結局ノラのようにはなりませんでしたが、実力派シンガーとして人気を博すことができたのではないでしょうか。ジブリ映画「思い出のマーニー」の主題歌を担当していた人といえばピンとくる方も多いかもしれませんね。そういえば昔僕の同級生にジブリに出てきそうな、まさにジブリ顔の女の子がいました。清楚で素朴な美少女って感じの女の子だったんですけど、よく彼女と「耳をすませば」的な展開になることを想像したものです。ま、現実はあまり話したこともなかったんですけどね(爆)

 

 

☆Alice Boman / Waiting

www.youtube.com

数年前にスウェーデンの注目シンガーという肩書きで颯爽と音楽シーンに登場したアリス・ボーマン。独特な世界観の楽曲にのせた彼女の天使のような歌声はあなたを眠りの世界に連れて行ってくれます。僕はまさに絵に描いたような「普通の人」なので、独特な世界観を持っている人に憧れちゃったりします。美大に通っていたあの子に憧れた夏・・・。独特なファッションや型破りな性格に惹かれたんですよね・・・。今では何をしているかもわからない彼女ですが、僕は偏に彼女の幸せを願うばかりです・・・。(遠い目)

 

☆Sweet Baby James / James Taylor

www.youtube.com

アメリカのレジェンド的なシンガーソングライター、ジェームス・テイラーのセカンドアルバムからの一曲です。自分と同じ名前の甥っ子さんへの子守唄として書かれたこの曲はまさに眠る時に聞きたい一曲ですね。この写真ではフサフサの髪の毛でかっこいいジェームスですが、現在68歳の彼の髪の毛は少し寂しい感じになってしまっています。時の流れは残酷なものです・・・。そんな切なさを胸に抱き、今生えている一本一本に感謝の気持ちを持って眠りについてはいかがでしょうか。(棒読み) 

 

 

☆Ae Fond Kiss / Eddi Reader

www.youtube.com

個人的に非常にリスペクトしているエディ・リーダーの楽曲です。フェアー・グラウンド・アトラクションというバンドでヴォーカルを務めていた経験のあるエディ。この楽曲は18世紀のスコットランドの詩人ロバート・バーンズによって書かれたスコットランド民謡なんです。彼の書いた「蛍の光」という曲は日本でも非常に馴染み深いですよね。そして気になるこの曲の内容ですが、実は別れの歌なんです。歌詞の内容は「最後に別れの優しいキスをして・・・」的なものでとっても切ないんですよね。別れ際に交わすキスって一体どんなものなんでしょうか。きっと、別れたくないのに別れることになってしまった二人が交わすキスってことですよね?だって普通の別れだったらキスなんてしませんし・・・。大人の恋ってやつぁ、難しいっすね。

 

☆Somewhere Only We Know / Lily Allen

www.youtube.com

まるでおとぎ話の音楽を聞いているかのようなこの楽曲、歌っているのはイギリス出身シンガーソングライター、リリー・アレン。実はキーンという同じくイギリスのバンドが歌っている曲のカバーなんですが、原曲に負けないくらい素敵なカバーに仕上がっているのではないでしょうか。この曲で眠りにつけばきっとおとぎの国のプリンセスにでもなった夢が見れるのではないですかね。僕もこの曲が似合うプリンセスのような素敵な女性とぜひお近づきになりたいものです。(切実)

 

 

☆Lost Boy / Ruth B

www.youtube.com

カナダ出身の女性シンガー、ルスビーによる今年のヒット曲です。孤独を感じたことのある人に向けて歌われているというこの曲の主人公は、ネバーランドやピーターパンに憧れる孤独な少年(少女?)のようですね。ピーターパンといえば、皆さんはピーターパン・シンドロームという言葉を聞いたことがありますか?これは年齢的には大人でも、精神的には大人になれない男性を指す症状のようで、僕もなんだか心当たりがあるような気がして怖いです・・・(笑)

子供の頃、20歳を過ぎているなんていったらものすごく大人のように感じましたが、社会人になった今でも自分が子供だなあと感じることは多いです。 一体いつになったら大人だと感じることができるんでしょうか・・・。

 

 

☆I'm Yours / The Script

www.youtube.com

これは恋の歌ですね。「I'm Yours(僕は君のもの)」ってタイトルですよ?くぅ〜、たまりませんね!!←

っと、、、思っていたのですが、実はこれ母と息子の関係を歌った曲らしいのです!確かにそう言われると歌詞をより納得しながら読むことができます。「息子は母親にとって最後の恋人」なんて言葉をどこかで聞いたことがありますが、確かにそうかもしれませんね。あまり色々書くと僕のマザコン疑惑が浮上してしまうのであまり書きませんが、たまには遠く離れた母に何かしてあげたいなあ・・・と考えてしまいました。大人になるとなかなか素直にはなれないものです。そんなあなたにこそ、眠る前に聞いて欲しい一曲でした。

 

 

☆Burning House / Cam

www.youtube.com

カントリー界からの一曲になります。今年行われた第58回グラミー賞でもベスト・カントリー・ソロ・パフォーマンスにノミネートされていた楽曲で、この曲をきっかけに彼女のことを知ったなんて人もいるかもしれませんね。カントリーソングは日本人の僕たちにはあまり馴染みがありませんが、アメリカではチャートをチェックすると必ずこの手のジャンルの曲がいくつかランクインしています。テンガロンハットでカウボーイ風のワイルド系イケメンが夢に出てくることを期待しつつカントリーミュージックを聞きながらの夜を過ごすのも悪くないかもしれませんよ!

 

 

☆Let Her Go / Jasmine Thompson

www.youtube.com

パッセンジャーによるヒット曲をYoutubeで人気のイギリス人少女がカバーしています。 なんなんですかね、このシルキーヴォイスは・・・!ネット上で人気が出るのも納得の歌声です。僕は一時期海外のこういったYouTube上で活躍する歌手の人たちの動画を聞き漁っていたのですが、本当に実力派が多くて全く飽きませんでした。中でもお気に入りだったのはAgainst The Currentというバンド。今では本格的にツアーをしたり来日ライブなどを果たし有名になりすぎてしまった姿を見て少し寂しいような気も・・・。Aginst The Currentのヴォーカルはクリッシーという可愛い女の子なんですが、まだそこまで有名じゃない頃は手が届きそうな存在だと思ってたんですよ・・・。いや、もとから可能性0パーだったんですけどね・・・。そんな寂しさを抱え、僕はこの曲を聞きながら寝ます。(涙)

 

 

☆Njosnavelin(The Nothing Song)/ Sigur Ros

www.youtube.com

この曲はトム・クルーズ主演の映画「バニラ・スカイ」で使用されており、非常に印象的なヒーリングミュージックだったのでセレクトしました。この曲を歌うシガー・ロスはアイルランド出身のバンドで、ポストロックの代表格ともいえるような存在です。ポストロックとは説明が難しいジャンルなのですが、従来にないような前衛的なロックのジャンルと捉えてもらえれば良いかもしれません。少しサブカル的なこのジャンルを聞いて何かに目覚めてしまうような人もいるかもしれませんね。あ、今回の記事は眠る時に聞きたいなので、目覚めちゃったら意味がありませんね☆ 

 

 

☆Little Things / One Direction

www.youtube.com

こちらはエド・シーランが作曲したワン・ダイレクションによるバラード。メンバー全員がとても優しく歌い上げているので、子守唄のような感覚で聞くこともできるでしょう。この曲を聞いて眠れば、きっとイケメンに囲まれた幸せな夢を見ることができるでしょう。(うほっ♡)その昔高校のイケメンを集めて女子校の文化祭に潜入したことがありました。そりゃあもう和製ワン・ダイレクションって感じでしたよ、ええ。ただね、どんなイケメングループにも不人気メンバーってやつはいるんですよ・・・。いや、僕じゃないって・・・。いや、僕だったんですけど・・・。うん、もうこの話はやめましょう。(震え声) 

 

 

☆The A Team / Ed Sheeran

www.youtube.com

こちらはエド・シーランの楽曲。デビュー曲であるこの曲は大きなヒットとなりましたが、現在でもエドの人気は衰えることを知りませんね。この曲のタイトルでもある「Aチーム」とは強力なドラッグのことで、ビデオを見ればわかりますがドラッグにはまる女の子のことを歌った曲なんです。社会的に弱い立場にある貧しい女性に焦点を当てて書かれたこの曲を、わずか20歳前後のエドが書いたというのだから驚きです。曲調が明るい感じなのは、暗くなりすぎないようにという彼の意図のもとだそうです。重い歌詞ではありますが優しいギターのサウンドは安らぎを与えてくれますよ。

 

 

☆Shpe of My Heart / Sting

www.youtube.com

 映画「レオン」のエンディングで流れるこの曲はスティングが歌っています。映画自体も非常に素晴らしい作品なんですが、その作品をより印象的なものにしてくれているのがこの楽曲だと思います。そして哀愁漂う曲調はベッドタイムにもぴったりですよね。

「レオン」といえば子供時代のナタリー・ポートマンが出演していて、ネット上ではこの作品をロリコン映画と呼ぶ人もいるようです。ロリコンといえば、かつてNHKで「クッキング・アイドル・アイ・マイ・マイン」という大きなお友だちを熱狂させた教育番組がありました。いや、だからどうって話でもないんですけどね。マインちゃんってのが可愛かったんですよ、マジで(笑)今では大きくなったマインちゃん、活躍が楽しみです。(あれ、なんの話してたんだっけ・・・?←)

 

 

まとめ

さあ、いかがだったでしょうか?

 

思わず眠くなってしまうような癒しの楽曲ではなかったでしょうか。

 

え、僕の面倒なコメントが一番眠りを誘うって?

ふふふ、それも狙い通りさ!!(苦し紛れ)

 

そんなわけで、今回は「眠りたい、でも、眠れない!そんな時に聞きたい癒しの30曲を科学する」というテーマでお届けしましたが、皆さんの眠れない夜の助けになれば幸いです。

 

寝たくても寝れない。。。

そんな時は無理に寝ようとはせずに、リラックスすることが大切です。

 

ホットミルクなどの飲み物を飲み、ついでに今回僕が紹介した楽曲を聞いてゆっくりとしてみてはどうでしょうか。

 

癒しの音楽で快適な睡眠をとることができるよう祈っております!

 

そんなわけで本日の科学はここまで。

次回をお楽しみに!ジョンネロでした!