ジョンネロの海外エンタメ科学室

洋画や洋楽など海外エンタメを科学!ディズニーチャンネルやNetflixに関する情報も追っていきますよ!

ワンダイレクションが解散!?アイドルたちの解散理由を科学する

どうも!ジョンネロです!

 

先日1Dことワンダイレクション解散か!?というニュースが世界中を駆け巡りましたね

 

↓解散報道について触れる動画(英語)

www.youtube.com

 

最初にこのニュースを伝えたのはアメリカのUSウィークリー誌

 

セレブのゴシップなどを中心に構成される週刊誌で、日本でいうフライデーのような雑誌だと思います

 

そんなUSウィークリー誌に、ワンダイレクションにかなり近いとみられる情報筋が「解散する」と明かしたことから今回の大々的な解散報道がなされたのです

 

しかし、その報道のすぐ後にアメリカの情報番組に出演したメンバーのナイルが

 

「解散はしない。友人や家族に会ったり、過去数年間でやって来たことを振り返る時間を作っているだけ」

 

と話していたので、ファンは一安心というところでしょうか

 

しかし、僕個人の見解としては今後のワンダイレクションの活動は非常に不透明であり

 

可能性は低くても、解散という選択をメンバーがとってしまうことも十分にあり得る話なのではないかと考えます

 

その大きな理由として、僕は2つのことを挙げたいと思います

 

・忙しすぎるメンバーは1Dとしての活動に疲れ切っている

・3月からの活動休止を発表している

 

やはりこの2点です

 

特に、1Dの活動に疲れ切っているということが解散の可能性を否定できない大きな理由です

 

昨年人気メンバーの一人であるゼインが脱退してしまったことは皆さんの記憶にも新しいかと思いますが

 

www.youtube.com

 

彼は脱退した理由として「普通の22歳に戻りたい」と話していました

 

音楽性の違いなども理由としては考えられるようですが、脱退の引き金となったのは婚約相手以外の女性と手を繋いでいる様子をパパラッチされたことだと思います

 

その報道の真偽は分かりませんが、アイドルとしてカメラに追い掛け回されることにうんざりしたのは確かでしょう

 

おそらくゼイン以外のメンバーもカメラに追い掛け回されることにウンザリしているのは間違いないはず

 

また、ゼインは婚約相手との結婚が多忙が理由で延期になったりもしています(ゼインの婚約相手はアイドルグループ・リトルミックスのペリーで、結局は婚約を解消してしまいました)

 

1Dの生みの親とも呼ぶべきプロデューサーのサイモン・コーウェルも「この5年間彼らは忙しすぎる」と話しており

 

こういった忙しすぎることが活動休止にもつながっているのです

 

少なくとも1年以上の活動休止ということで、彼らの今後はまったくどうなるかわかりません

 

メンバー間の仲が良い(ように見える)1Dなら大丈夫だとは思いますが

 

ファンとしては不安な状態がしばらく続きそうですね

 

また、各メンバーが自身のソロとしてのキャリアにものすごく意欲的なのも気になるところです(特にハリーがソロに燃えてる感じがします)

 

そんなわけで、1Dの解散について科学したところで

 

これまでに解散していったアイドルグループの解散理由を楽曲とともにチェックしていきましょう!

 

 

 

 

 

①ウェストライフ

www.youtube.com

 

アイルランド出身のウェストライフはしっとり聞かせる楽曲が多いグループでした

 

1998年のデビューから14年間精力的に活動を続けてきましたが

 

途中でメンバーのブライアンの脱退などもありましたが、コンスタントに楽曲を発表し、ライブを行ってきたグループでした

 

しかし、そいうったアイドルとしての活動に疲弊したこと

 

家族と過ごす時間を持ちたい

 

そしてプロデューサーのサイモン(現在は1Dのプロデューサーでもあります)からの情熱を感じなかったこと

 

などを理由に解散しています

 

 

②ブルー

www.youtube.com

 

イギリス出身の人種混合グループとして人気を博したブルーは日本でも当時それなりに知名度もあり人気なグループだったように思います

 

人気の瞬間最大風速的なことでいうと、2003年ごろのイギリスをはじめとするヨーロッパでの勢いはものすごいものがありました

 

しかし、人気を得るとともに各メンバーがソロ活動に力を入れるようになり活動休止→解散

 

はじめはソロでもよく話題になっていましたが次第に人気は落ちていった印象です

 

そんな背景もあってか現在は再結成してブルーとしての活動を再開しています

 

 

③テイクザット

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

90年代のアイドルといえばこのひとたちです

 

当時は出身国のイギリスのみならず世界中で一大旋風を巻き起こしたグループで

 

元メンバーのロビー・ウィリアムズはソロとしても大きな成功をおさめていますね

 

そんな主要メンバーの一人であったロビーがマネージャーやメンバーと不仲を理由に脱退し

 

ロビーのいなくなったテイクザットの成功よりも、もう一人の主要メンバーであるゲイリーをソロとして成功させることに意欲を持っていたマネージャーの意向もあってか解散

 

解散の影響は非常に大きなもので、当時イギリスをはじめとしショックを受けるファンが続出

 

メンバーのハワードが自殺未遂をするなどものすごいことになっていたようです

 

96年の解散から10年の時を経て2006年にゲイリーを除くメンバーで再結成し

 

大きな話題になるとともに成功ともいえるアルバムのセールスを記録しています

 

現在はジェイソンが脱退し、ゲイリーを中心に3人体制で活動を続けています

 

 

バステッド

www.youtube.com

 

2000年代のはじめにイギリスで社会現象を起こすほど人気のあったバステッド

 

出す曲すべてがヒットし、ヨーロッパを中心に大きな人気を博しました

 

当時僕も夢中になったバステッドは日本でもなかなか人気があったように思います

 

メンバーのチャーリーが音楽的方向性の違いから脱退を発表し、この3人以外での活動は考えられないという理由から解散に至りました

 

昨年再結成を発表し、今年から本格的な活動を再開させるようです

 

バステッドの再結成について詳しくはこの記事でチェックしてみてください!

 

shritherin.hatenablog.com

 

 

 

⑤ボーイゾーン

www.youtube.com

 

アイルランド版のテイクザットを結成しようということで生まれたグループ、ボーゾーン

 

リードボーカルを務めるローナンを中心に人気を高めていった彼らはヨーロッパやアジアで絶大な人気を誇っていました

 

しかし、ローナンが他のメンバーやマネージャーに対して不満を抱いていたことでグループに大きな亀裂が入り自然消滅という形で事実上の解散をしてしまいます

 

その後2006年になるとテイクザットのように再結成し活動を再開

 

メンバー間の関係も現在は良好のようで、亡くなってしまったメンバーのスティーブンを除く4人でヨーロッパを中心に活躍しています

 

 

⑥ジョナスブラザーズ

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

アメリカで結成された兄弟バンドのジョナスブラザーズは2000年代後半を代表するアイドルグループでした

 

ディズニーチャンネルで放送された「ジョナス」や「キャンプロック」がヒットした影響もあり

 

10代の女の子を中心にアメリカでは一大ムーブメントを起こしたような存在ですね

 

表向きには音楽性の違いを理由として2013年に解散を発表(その前に活動休止もありました)

 

しかし実際の理由は二男であるジョーの薬物依存や、メンバー間で喧嘩が絶えなかったことのようです

 

三男のニックは解散後、今は兄弟の関係を修復することを優先したいなんて話もしています

 

また、ニックはソロとしてキャリアが成功しはじめており

 

現在は彼らの再結成はなさそうですね

 

 

 

 

さあ、6組のグループを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

 

こういった過去の解散例をもとに考えると、やはり1Dは危ない状況にあるのではないかと感じたのが僕の正直な感想です

 

メンバー脱退、活動休止が立て続けに起きるのは、過去アイドルたちの解散例から考えると危ない兆候です

 

ソロとしてのキャリアによっては、さらにグループの存続という点で考えると危ない流れになっていくことも考えられます


それに最近では脱退したゼインが1Dのことをものすごく悪く言っているという事実も気になります

 

しかし、1Dを応援するファンの方と同様に僕もまだまだ彼らのグループとしての活動に期待したいです

 

バックストリートボーイズのようにメンバーの脱退などを乗り越えて長く活動しているパターンもありますし(バックストリートボーイズの例だと脱退したメンバーが戻ってきたりしてますね)

 

てなわけで、まだまだどうなるのかは分かりません!

 

最後は彼らを応援する気持ちで僕のお気に入りの3曲を貼っておきますよ!!

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

こうやって見るとゼインってやっぱり1Dの中心メンバーだったなあ・・・

 

日本ではあまり人気のなかった彼ですが、海外では一番人気はゼインのようでしたし!

 

てなわけで本日はここまで!

 

次回をお楽しみに!ジョンネロでした!