読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョンネロの海外エンタメ科学室

洋画や洋楽など海外エンタメを科学!ディズニーチャンネルやNetflixに関する情報も追っていきますよ!

【イギリス】BUSTED再結成を科学する【アイドル】

どうも、ジョンネロです

 

本日は、かつてイギリスに社会現象を巻き起こしたと言われるボーイズバンド

 

BUSTEDの再結成を科学していきたいと思います

 

www.instagram.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

そもそもBUSTEDってどんなバンド?と思われている方のために、ざっと説明していきましょう

 

2002年にデビューした彼らは今でいうワンダイレクション的な存在でした

 

まあ、アイドルってやつですね

 

ジェームス、マット、チャーリーの三人はイギリスのイケてる男の子三人組といった感じで

 

ヨーロッパを中心に人気を集めていきました

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

キュートな見た目もさることながら、そのキャッチーな楽曲も人気の大きな要因でした

 

しかも彼らのすごいところは、すべて自分たちで作詞作曲していたのです

 

等身大な青春を歌う彼らは日本でも瞬く間に人気者に

 

当時はティーン向け雑誌に特集記事が組まれるほどでした

 

www.youtube.com

 

↑人気絶頂時には日本でライブも行っていました

 

しかしBUSTEDは思わぬ形で解散を迎えます

 

メンバーの一人であるチャーリーが突然の脱退表明

 

今の三人じゃなくなるなら解散だ~なんて形で三年という短い活動期間に終止符をうちました

 

www.youtube.com

 

↑この動画でチャーリーの脱退、そして解散の記者会見の様子が確認できます

 

当時イギリスでは、日本で置き換えると「嵐が解散する!」っていうレベルのニュースでした

 

その後彼らはそれぞれのキャリアを歩んだのですが

 

いまいちパッとしなかったように僕は感じます

 

ジェームスはSon of Dorkというバンドを組みました

 

www.youtube.com

 

しかし一枚のアルバムを残して解散・・・

 

マットはなぜか無人島でのサバイバル番組で結果を残したり。。。(番組内で虫を食べる姿が衝撃的でありショックでした・・・笑)

 

www.youtube.com

 

ソロとして↑のような楽曲も発表していましたが、アルコール依存症になるなどネガティブなニュースもありました

 

脱退したチャーリーはファイトスターというバンドをスタートしました

 

www.youtube.com

 

うーん、BUSTEDとは全く違います(笑)

 

ソロ活動ではこんな感じ

 

www.youtube.com

 

こちらも、BUSTEDの頃のような大きなヒットには結びつきませんでした

 

そういった背景からか、解散後も再結成を望む声が多く聞かれましたが

 

チャーリーはBUSTEDで再びプレイすることを完全否定し続けました

 

そんな彼らに動きがあったのは2013年のこと

 

ジェームスとマットが、BUSTEDの弟分ともいえるバンド、マクフライと共にツアーを行うことが発表されたのです

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

彼らはマクバステッドと名乗り、イギリスで大規模なツアーを成功させています

 

また、マクバステッド名義でアルバムも発表し、精力的に活動していました

 

僕は当時イギリスにいたのですが、マクバステッドは大きな話題になっているような印象を受けました

 

テレビで見かけることも多かったです

 

かつて大人気だったBUSTEDが完全な形ではありませんが、再び活動するという事実がイギリス人にとっては嬉しかったのかもしれませんね

 

マクバステッドとしての活動が終わり、今後どうなるのだろうと思っていたところに

 

今回のBUSTED再結成です

 

昨年の11月にYoutubeを通じて再結成を発表した彼ら

 

その動画をチェックしてみましょう

 

www.youtube.com

 

長いので要約しますね

 

まず、動画の前半ではBUSTEDの思い出をジェームスとマットが語っています

 

バンドとして夢が叶うような経験をしていたこと

 

そしてバンドとしての活動が楽しかったということ

 

また、マットがBUSTEDとしての活動が終わってしまうとは思わなかったと話している姿も印象的でした

 

途中でチャーリーが加入した時のことを話していますが

 

チャーリーはバンドにとって求めていたような存在であったと話していますね

 

だからこそ、チャーリー脱退のショックの大きさはきっととてつもないものだったでしょうし

 

チャーリー抜きでバンドを続けることはできなかったのでしょう

 

そして動画の後半にはチャーリーが登場します

 

場所はウェンブリーアリーナ

 

ロンドンの非常に有名なアリーナですね

 

チャーリーが登場する前にマットとジェームスが「今からマジでヤバいことが起きようとしてるぜ・・・!」てな具合に話しているのが最高です(笑)

 

そしてチャーリーは話します

 

バンドをやめる時にはものすごく罪悪感を感じていたこと

 

良き友人関係にあったジェームスやマットのことを考えると大変な決断だったでしょうね

 

ただ、それ以外に道はなかったとも話しています

 

当時チャーリーはBUSTEDのアイドル的な活動に耐えられなかったと話しており、BUSTEDにはうんざりしていたような印象を受けましたが

 

やはり罪悪感も大きかったのですね

 

そしてチャーリーはジェームスやマットとウェンブリーアリーナでライブをした時の思い出話に花を咲かせます

 

いやあ~、これはもう当時大ファンだった僕には夢のようなシーンですよ・・・

 

本人たちも話していますが、彼らが再結成するということはもう二度とないと思っていたので本当に感激です

 

しかし、ここからは少し厳しい目で彼らの再結成を科学します

 

まずはこちらの動画なのですが

 

www.youtube.com

 

再結成発表後に出演したテレビ番組です

 

再結成の経緯や、彼らの変化、そして今後の活動なんかにもさらっと答えています

 

中でも注目したいのは、チャーリーが父親になったという話題です

 

チャーリーは昨年の7月に待望の男の子を授かったのですが

 

これがBUSTEDの再結成に大きな影響があったのではないかと推測します

 

2014年からマクバステッドという形でアルバムのリリースや大きなツアーを成功させてきたジェームスとマット

 

その話題の大きさはチャーリーも無視することはできなかったと思います

 

そんな彼らの成功の反面、精力的に活動を続けるチャーリー自身の音楽キャリアは伸び悩んでいました

 

そんな中でチャーリーは夫となり父にもなったのです

 

きっと何度も、BUSTEDとして活動を再開すれば自分にも再び成功がやって来ると考えたことでしょう

 

ましてや家族という守るべきものがある立場になったことは、BUSTEDとしての活動を再開させる大きな動機になったと思います

 

金銭的なメリットも、もちろん一つの理由でしょうし

 

何より子供にとってかっこいい父親として在りたいと考えたのでしょう

 

これが今回の再結成の大きな理由だと僕は睨んでいます

 

実際に、イギリスではチャーリーを批判する声も少なくはないようです

 

しかし、ファンにとってはどんな理由であれ彼らが再び活動してくれるのは嬉しいものです

 

批判の声にも負けずに素晴らしい楽曲をたくさん作ってほしいと思います!!

 

30代になった彼らは、きっともうかつてのようなアイドル的な扱いをされることも少ないと思います

 

アーティストとしての真価が試されていくことでしょう!!

 

先ほどの動画で司会者の人も言っていましたが

 

1D(ワン・ダイレクション)が去り、BUSTEDが帰ってきたのです!!

 

1Dに代わってイギリスの音楽シーンを大いに盛り上げてくれることに期待しましょう!!

 

それでは最後に最新の彼らの動画をシェアしたいと思います

 

www.youtube.com

 

この曲は別れそうになっているカップルの曲なのですが

 

今の彼らに驚く程ぴったりな歌詞です

 

サビを一部抜粋して訳します(Tell me now where do we go~のところです)

 

 

訳)ねえ教えてよ、僕たちこれからどうなっていくの?

今、僕たちの未来はぼんやりとしている

だけど僕にはこれで終わってしまうなんて信じられないんだ

どこにいたって気になってしまうよ

きっと、僕は君にまた会えると思う

 

 

おそらくファンとの再会、そして解散してしまった過去を重ねてこの曲をセッションしたのだと思いますが

 

僕の書いた訳は解散してからのメンバーの心情を考えてつけてみました!

 

てなわけで、本日はこれでおしまい!

 

次回をお楽しみに!ジョンネロでした!

 

 

 

こちらもどうぞ( ^ω^ )/

 

shritherin.hatenablog.com

 

 

shritherin.hatenablog.com

 

 

shritherin.hatenablog.com