ジョンネロの海外エンタメ科学室

洋画や洋楽など海外エンタメを科学!ディズニーチャンネルやNetflixに関する情報も追っていきますよ!

【マイ・インターン】見どころと感想を科学する【鑑賞後】

どうも、ジョンネロです

 

10月10日に公開されたばかりのアン・ハサウェイ主演、「マイ・インターン

 

先日このブログでも鑑賞前の科学ということで

 

監督であるナンシー・マイヤーズや主演のアン・ハサウェイロバート・デ・ニーロについての記事を書いてみましたが

shritherin.hatenablog.com

 

ついに今日実際に劇場で鑑賞してきたので感想や見どころを書いていきたいと思います

 

後半部分はネタバレを含みますので、まだ鑑賞前の方は気を付けてくださいね!

 

www.instagram.com

 

 

それでは改めてあらすじですが

 

ファッションサイトのCEOとして働く女性が40歳も年上の男性アシスタントとの交流を通して成長していく姿を描いたハートフルな作品

 

www.youtube.com

 

この予告編を見ますと「プラダを着た悪魔」に似ている?もしかして続編?

 

なんて思う方もいるかもしれませんが、決してそういった作品ではありません

 

女性監督の作品ではありますが、男性も楽しめるような作品だったと思います

 

この予告動画は明らかに女性をターゲットにしているので、そう思って敬遠されてる男性は損ですよ!笑

 

また、以前の記事でも書きましたが監督のナンシー・マイヤーズはほっこりする心温まる作品を撮る監督です

 

今回の「マイ・インターン」でもそういったナンシーらしさのでた作品だったと感じてます

 

【見どころ】

・旦那や子供との関係、そして仕事

・愉快な社員たち

・可愛いおじいちゃんロバート・デ・ニーロ

 

三つに絞って見どころをあげてみました

 

 

旦那や事子供との関係、そして仕事

アン・ハサウェイ演じるジュールスファッション通販サイトを立ち上げてバリバリ働く女性です

 

夫は専業主婦となり妻を支えるような家庭

 

しかし忙しすぎるジュールスはなかなか夫や子供と過ごす時間がありません

 

だけど仕事も頑張りたい・・・!

 

さあ、どうなるジュールス!!

 

といったところですね(笑)

 

最近では女性の社会進出が当たり前になってきましたが

 

この映画のジュールスと近い悩みを抱いている方もいるのでは?

 

ロバート・デ・ニーロ演じるインターン、ベンとの交流などを通じてジュールスはどんな答えを出すのでしょうか

 

 

愉快な社員たち 

主にロバート演じるベンに同僚と関わるシーンがあるのですが

 

魅力的で愉快な同僚たちなんですね・・・(笑)

 

なんだか抜けている彼らとベンの交流もこの映画の魅力だと思います

 

特に、ジュールスが引き起こしてしまった少しおかしなトラブルを解決しようと「ある映画」のように彼らが取り組む姿は爆笑まちがいなしです!!

 

 

可愛いおじいちゃんロバート・デ・ニーロ 

ロバート演じるベンがとにかくお茶目で可愛いんです・・・!!

 

よくおじいちゃんなんかの年配の方を可愛い!という人がいますが

 

まさにそれです!!

 

僕は男ですがキュンキュンしちゃいました(笑)

 

優しくてジェントルマンなベンは本当に可愛いので、この映画で癒されてみてはいかがでしょうか

 

それでは、ここから鑑賞後の感想を書いていきます

 

【ネタバレ】含みますので気を付けてくださいね

 

 

 

感想 

先ほど載せたように、以前このブログでマイ・インターンの記事を書きましたが

 

アクセス解析によると「マイインターン ラスト」で検索して僕のページに来られる方が一定数いたようだったので

 

何か腑に落ちないラストだったのかな?と不安な気持ちでいました

 

結局CEOを外部から招かずに、自分で仕事を切り盛りしていく

 

そして夫は浮気を謝罪し今後も妻を支えていく

 

こんなラストだったので

 

皆さん思うところはそれぞれにあったと思いますが

 

とりあえずはハッピーエンドで良かったのではないでしょうか?

 

僕は最後のさいごに夫から離婚を切り出されるのではないか・・・

 

と不安な気持ちで見ていました(笑)

 

ベンは会社を休んで太極拳?的なことをしていたけど、あれは何か意味があったのかな?

 

僕は映画のシーンを最初と最後で同じにする、でも最後は隣に良き友人となったジュールスがいる

 

こういったベンがインターンをしたことで明るい生活を手に入れたという印象を残したかったのではないかなと解釈しました

 

それに、ベンの居場所を彼の彼女になったフィオナが知っているということもポイントですね

 

妻に先立たれて寂しい思いをしていたベンのまわりには

 

インターンを始めたことでたくさんの人がいるようになったのです

 

ナンシー・マイヤーズは過去にメガホンをとった「ホリデイ」などでも紆余曲折ありながらも最後はハッピーエンドという映画をつくっていたので

 

今回もそういった作品と変わらず、ハートフルで安心して見れるラストになったのではないですかね

 

そういえばホリデイでもお茶目なおじいちゃんが出ていましたね

 

ナンシーは素敵なおじいちゃんを描くのがうまい!笑

 

ラストに関して僕個人としては、ジュールスと旦那さんの関係がその後うまくいくのか非常に気になりました(笑)

 

それと笑えるポイントもたくさんありましたね

 

ベンの同僚たちのちょっと間抜けなところは作品を通して良いスパイスになっていました

 

中でも、そんなスパイスが爆発したのがジュールスがお母さんに送ってしまったメールを削除するというミッションに取り組んだシーン

 

あの場面では劇場が笑いに包まれていましたよ(笑)

 

もうあそこだけ完全にコメディー映画になっていましたね(笑)

 

個人的にはお気に入りのシーンです

 

あとはジュールスの子供がめちゃくちゃキュートでしたね

 

あんなの見せられたら子供欲しくなっちゃいますよ・・・(その為には結婚という大きなハードルを越えなければ・・・orz)

 

それにファッション・サイトを運営する女性ということでアン演じるジュールスの服はものすごくファッショナブルでしたね

 

こういう部分はプラダを着た悪魔に通ずるところもあるかもしれませんね

 

ただ、やはり内容でいうと似て非なる作品でした

 

マイ・インターンでは終始一貫して「人生とは?」というテーマを描いていたように思いますが

 

プラダを着た悪魔は「仕事とは、女の幸せとは」という部分がメインのテーマだったように感じました

 

なのでプラダの方は見終わってから「仕事」について考えさせられたのに対し、マイ・インターンでは「人との繋がり」を考えさせられました

 

マイ・インターンでは仕事もベンや夫の支えあってこそ、といった印象もありましたし

 

これは僕の本当に個人的な意見になりますが

 

やはり人生とは人との繋がり、関わりあってこそだと感じます

 

家族、友人、そして恋人など

 

私たちの人生をより素敵で楽しいものにするには

 

そんな大切な人たちの存在が必要なのではないでしょうか

 

そんなことを改めて考えさせられた、「マイ・インターン」でした

 

さあ、そんなところで本日の記事はおしまい

 

今後も引き続き最新映画を科学していく予定ですので

 

これからもジョンネロの科学室をどうぞよろしくお願いします(笑)

 

てことで次回をお楽しみに!ジョンネロでした!