ジョンネロの海外エンタメ科学室

洋画や洋楽など海外エンタメを科学!ディズニーチャンネルやNetflixに関する情報も追っていきますよ!

【洋画】2017年公開!注目の映画5作品を科学する【厳選】

2017年は酉年。

きっと、みんながあの大空を飛ぶ鳥のように羽ばたき、飛躍する年になるんだろうな。

 

おっといけない。

どうやら僕の心が奏でるポエムを思わず書き綴ってしまったようだね。

 

どうも、ジョンネロです。

 

今回は、ポエマーを自称する僕が2017年に公開される注目の洋画5作品を詩的にご紹介していくよ。

 

2017年は大作イヤー。

僕たちの心が震える素敵な作品が目白押しなんだ。

 

しかし、この僕がそんな大作を易々と紹介すると思うかい?

甘いね。僕が紹介するのは真の映画好きに捧げるファンタスティックな作品だけだ。

 

それじゃあそろそろ始めていこう。

僕にはそんなに時間はない。(タイム・イズ・マネー。)

 

 

☆美女と野獣

www.instagram.com

 

www.youtube.com

 

さあ、いろいろと書いてきたがいきなり大作の紹介だ。

「おいおい、言ってる話が違うじゃないか!」と思っているそこの君、甘いね。

僕はそんな分かりやすい男じゃないんだよ・・・。

そしてこの物語に出てくる野獣も僕と同じ、そんなに分かりやすい男じゃない。

野獣の姿に変えられてしまったことで精神を病んでしまっているんだ。そこに美女が現れる、彼女の名はベルだ。ちなみにベルを演じるのはハリーポッターシリーズのハーマイオニーで知られるエマ・ワトソンだ。

僕は昔からエマに恋い焦がれていてね。きっと今夜も瞳を閉じれば彼女に会えるんだ。(ラブ・イン・ザ・ドリーム)

でもね、僕は今夜彼女には会わない。なぜならもうじきスクリーンで会えるから。

美女と野獣の公開日は4月21日。あと、3ヶ月の辛抱。スクリーンの前で彼女に会ったら、僕はどんな言葉をかけたらいいんだろうか・・・。

 

 

☆ラ・ラ・ランド

www.instagram.com

 

www.youtube.com

素敵な恋の映画を見ると、僕は空を飛べるような気分になるんだ。小学生の頃に、そう思ってジャングルジムから飛び降りた僕は、骨折した。(ブロークン・ボーン)

さて、この作品はそんな空でも飛んでしまうかのようなロマンティックな映画だ。素敵なジャズの音楽に身を委ね、魔法にかけられたような気分になる。若きアーティストのほとばしる才能を、そして愛を感じたいのならいますぐ劇場に向かうんだね。

え、本当に向かってしまったのかい?おバカさんだね。公開は2月24日だ。公開までまだしばらく時間がある。

僕もこの映画の登場人物たちのように、小粋なステップでも踏んで公開を待つことにするよ。(人はそれを「地団駄踏んで」という・・・。)

 

 

☆ブレードランナー2049

www.instagram.com

 

www.youtube.com

ブレードランナー。まさに映画史に残る伝説の作品。(レジェンド・ムービー)

僕がブレードランナーを初めて見たのは中学生の頃のことだ。その独特の世界観にものすごく引き込まれたよ。その言葉通り、テレビの画面に張り付くようにしてブレードランナーを見たんだ。ちなみに僕は目が悪い。よく見えなかったから画面の近くで見る必要があったのさ。まあそんな話はどうでもいい。

そんな名作、ブレードランナーの続編。まだ情報があまり明らかになっていないこの作品だが、正直僕は見るのが怖い。あまりにも前作が名作すぎてね。

だけどあえて僕は期待をする。この作品に。なんでかって?そうすれば、この映画が公開される11月まで、ずっとワクワクしていられるだろう?ちなみに僕は幼いころワクワクさんが好きだった。ゴロリもね。(ツクッテ・ワクワク)

 

 

☆チューリップ・フィーバー

www.instagram.com

 

www.youtube.com

この映画には今僕を最も熱くさせる美しい女性が出演している。彼女の名前はアリシア・ヴィキャンデル。彼女は今年日本でも大きな話題となること間違いなしの美人女優だ。「ザ・ライト・ビトウィーン・オーシャンズ」という今年の春公開予定の作品でも主演を務め、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。そしてどうやら、彼女に落とされたのは鳥だけではなかった。そう、落とされたのはこの僕。彼女の美しさで僕はすっかり恋に落ちてしまったのさ。

美しいのは彼女だけではない。この作品でアリシアの相手役を務めるデイン・デハーンもかなりの美青年だ。この二人のラブシーンは見ているだけで目の保養になる。視力の悪い僕でもこの二人を見た後ならきっと視力検査でベストの結果を出せるだろう。

脚本は「恋に落ちたシェイクスピア」でアカデミー賞を受賞しているトム・ストッパード。これも僕の大好きな作品だ。

そんなわけで、個人的に非常に期待値の高い作品なのさ。

 

 

☆プラネタリウム

www.instagram.com

 

www.youtube.com

ジョニー・デップには娘がいる。父親譲りのカリスマ性を兼ね備えた美しいリリー・ローズ・デップという娘が。彼女は若干17歳にして非常に強い影響力を持っており、彼女の発言や言動は非常に注目されているそうだ。

そんなリリーがナタリー・ポートマンと姉妹役を務めるというのだから、この作品を僕が紹介しないわけにはいかない。この作品を紹介するのは、僕の義務なんじゃないか。そんな風にすら思うんだ。

死者と会話することができる不思議な姉妹がパリにやってくる。この姉妹というのがリリーとナタリーだ。彼女たちはパリで映画契約を結ぶというストーリー。

予告編を見る限り、セリフの多くがフランス語で話されている。フランス語の美しい響きが、この作品の雰囲気を出しているね。ちなみに僕はフランス語はサッパリだ。フランスの首都はパリだけに、さっパリ・・・。うん、聞かなかったことにしてくれ。

 

 

まとめ

さあ、そんなわけで今回は2017年の僕が気になる映画を5作品紹介しましたがいかがだったでしょう?

 

皆さんが気になる作品はありましたでしょうか?

 

ポエマー風に作品を紹介してみたのですが、きっと将来見返したら恥ずかしくなるような文章に仕上がりましたね。

 

この記事を読んだあなたが、ブログやツイッターにポエマー風な文を綴っていた同級生が過去にいたことを思い出してホッコリしてくれたら幸いです。←

 

話を2017年公開の映画に戻しますと、冒頭にも書きましたが今年は本当に大作映画が多いんです。

 

「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「スター・ウォーズ」の新作に加え、おなじみのヒーローたちが集結する「ジャスティス・リーグ」、人気アニメ攻殻機動隊のハリウッド実写版「ゴースト・イン・ザ・シェル」など、挙げだしたらキリがありません。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(7月1日公開)

www.youtube.com

 

スター・ウォーズ/エピソード8(12月15日公開)

www.youtube.com

 

ジャスティス・リーグ(2017年公開)

www.youtube.com

 

ゴースト・イン・ザ・シェル(4月7日公開)

www.youtube.com

 

今年は僕もより多くの作品を劇場で見て、その感想や見どころを皆さんにお伝えできればと思っています!

 

2017年も楽しくなりそうです!!

 

そんなわけで本日の科学はここまで!

次回をお楽しみに!ジョンネロでした!